« 白河のおいしいものがたくさん!「しらかわ美味しいまつり」 | トップページ | 努力と工夫で何度でも立ち上がれ! ~ ダルライザー記念切手 発売間近!! »

広大な原野からの開拓 ~ 矢吹が原(矢吹町)

「さわやか田園都市」がキャッチフレーズの矢吹町。
実は、矢吹は耕作するのが難しい土地でした。

この地を流れている川は、釈迦堂川、隈戸川、泉川、阿武隈川と4本あります。

Yabukigahara

一帯は「矢吹が原」と呼ばれています。
地形は平地なのですが、台地状の丘陵を4本の川が侵食して流れています。
それらの川が低い位置を流れ、また水量が少なかったために水の確保が大変な土地でした。
そうした土地のため、開墾が思うように進まなかったといわれています。

Img_7602
<隈戸川(矢吹町滝八幡地区)>

明治時代になると、新しい動きが起こります。
明治18(1885)年。農民の星吉右衛門が「西水東流構想」を掲げます。
矢吹の西方・天栄村羽鳥を流れる鶴沼川をせき止めてダムを造り、東の阿武隈川に流し、白河市本沼穴堰で取水して矢吹が原へ引水するというものでした。

それらを絵図画、水利工事予算書などとともに建白書として県に提出したのですが聞き入れてもらえず、実現しないまま吉右衛門は、同41年に没しました。

大正4(1915)年、西水東流構想に転機が訪れます。
県南地方各郡有志が「矢吹が原開田に関する申請書」が県知事に出されたのです。
実地調査の結果、鶴沼川をせき止め羽鳥村に貯水池をつくり、隈戸川に水を流すよう知事から答申があったといいます。

その後も、矢吹が原開墾事業と水利計画実現の要望が高まり、陳情運動が繰り返されていきました。
昭和9(1934)年、矢吹が原御料地が払い下げられ、昭和15(1940)年には帝国議会で予算が成立します。
それをうけ、昭和16(1941)年には農林省矢吹原国営開墾事務所が設置されますが、太平洋戦争の激化に伴い、開墾事業はなかなか進みませんでした。

その後、戦後の食糧不足解消のために、再び開墾事業が進展します。
そして昭和31(1956)年、ついに羽鳥ダムが完成し、隈戸川を通して矢吹が原に恵みの水をもたらすことができたといわれています。
吉右衛門の西水東流構想から、なんと71年もの歳月を経ての実現でした。

Img_7616

Img_7623

写真が天栄村にある羽鳥湖と羽鳥ダムです。
本来、羽鳥ダムのある鶴沼川は大川と合流し、阿賀野川となって日本海に注ぎます。
しかし、矢吹が原に流れる水は、いずれ阿武隈川に合流して太平洋に流れていきます。
矢吹が原開墾は、分水嶺を超える事業だったということがわかりますね。

Img_7630

ダム近くの看板には、ダムで受益を受ける開墾された面積が載っていました。
矢吹町 615.3ヘクタール
泉崎村 200.7ヘクタール
大信村 46.5ヘクタール (現白河市大信)
他、須賀川市、鏡石町、天栄村とあわせて、1,608.1ヘクタールもの広大な水田を潤しています。

Img_7634

Img_7614

荒れ地だった矢吹が原は、こうして水田の豊かな土地へと生まれ変わりました。
現在では約1,600ヘクタールの水田があるといわれています。

こうした経緯から、矢吹は日本三大開拓地の1つとなっています。
(他は青森県十和田市の三本木原開拓地、宮崎県川南町の川南原開拓地)

矢吹が原の美しい田園は、開拓者たちの並々ならぬ情熱があって育まれたものだったのです。

Img_7607
<現在の矢吹が原>

---

矢吹が原

<参考>
 矢吹町・矢吹が原の軌跡
 矢吹町・時代を切り拓く逞しい心を育んだ「矢吹が原」
 東北農政局
 図説 白河の歴史(郷土出版社)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 白河のおいしいものがたくさん!「しらかわ美味しいまつり」 | トップページ | 努力と工夫で何度でも立ち上がれ! ~ ダルライザー記念切手 発売間近!! »

矢吹町」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/35839865

この記事へのトラックバック一覧です: 広大な原野からの開拓 ~ 矢吹が原(矢吹町):

« 白河のおいしいものがたくさん!「しらかわ美味しいまつり」 | トップページ | 努力と工夫で何度でも立ち上がれ! ~ ダルライザー記念切手 発売間近!! »