« 古から親しまれた「うたたね(転寝)の森」~白河市 | トップページ | 定信公が愛した秘湯 ~ 旅館大黒屋(西郷村) »

樹齢1,000年超の共立 ~ 町屋の二本カヤ(白河市大信)

白河市大信地区、大信庁舎の西北西200mの場所にカヤの木が2本並んで生えています。

Img_5680

西側のカヤは根元幹囲約8.3m、樹高は約15m。
また、東側のカヤは根元幹囲約6.3m、樹高は約13mあります。
樹齢はともに、なんと推定1,000年以上といわれています。
平安時代からあったということが想像できますね。
今では、福島県指定天然記念物にもなっています。

由緒は明らかではありませんが、古代の磐城国と岩代国の境に位置していることから道しるべではないかとの説もあります。

Img_5682

---

町屋の二本カヤ
 〒969-0309 白河市大信町屋地区

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 古から親しまれた「うたたね(転寝)の森」~白河市 | トップページ | 定信公が愛した秘湯 ~ 旅館大黒屋(西郷村) »

白河市」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/34671452

この記事へのトラックバック一覧です: 樹齢1,000年超の共立 ~ 町屋の二本カヤ(白河市大信):

« 古から親しまれた「うたたね(転寝)の森」~白河市 | トップページ | 定信公が愛した秘湯 ~ 旅館大黒屋(西郷村) »