« 冬の一夜を彩る光のページェント ~ アイスキャンドル2010のお知らせ | トップページ | 東白川郡からの乗り換え案内 ~ 水郡線(2) »

紆余曲折の路線史 ~ 水郡線(1)

風光明媚な東白川郡をトコトコ走る水郡線。
今でこそローカル線で旅番組などでしばしば紹介される水郡線ですが、当時は急行列車も走る一級路線だったのです。

先日、白棚線(//)を書いたとき、
水郡線の開通で白棚線が衰退したと書きました。

水郡線には、いったいどんな歴史があったのでしょうか。
少し、水郡線の歴史をひも解いてみましょう。

まず水郡線を語る前に、太田鉄道について触れなければいけません。
太田鉄道は1899(明治32)年、水戸駅~太田駅(現在の常陸太田駅)が開業します。
しかし1901(明治34)年、太田鉄道の経営が芳しくなく債務不履行から、太田鉄道は水戸鉄道へ譲渡されてしまいます。

さらに経つこと17年。
1918年(大正7)年、水戸鉄道は途中の上菅谷駅から常陸大宮駅まで開業します。
この時点で、水戸鉄道は水戸駅~上菅谷駅~太田駅(現・常陸太田駅)と上菅谷駅~常陸大宮駅の路線が走ることになります。
地図でいうと、オレンジ色の部分。
これが今の水郡線の原型です。当時は茨城県内の一路線でした。

Photo

ところが1919(大正8)年、水戸駅~郡山駅を結ぶ鉄道施設要望が高まり、国会にて初めて予算に計上されました。
水戸鉄道終点の常陸大宮駅を起点に郡山へ至る路線で、当時「大郡線」と呼ばれていました。

大郡線は南から開通していきます。
1922(大正11)年から徐々に開通し、1927(昭和2)年に常陸大子駅まで開通します。
同年、国鉄は水戸鉄道を買収し、路線名を「大郡線」から「水郡線」へと改めました。

一方、郡山側の水郡線は1929(昭和4)年、笹川(現・安積永盛駅)から徐々に開通します。
これを機に、郡山からの線を「水郡北線」、常陸大子からの線を「水郡南線」と称しそれぞれ工事が進んでいきました。

水郡北線は、1931(昭和6)年、川東駅まで開通します。
一方、水郡南線は1932(昭和7)年までに常陸大子駅~磐城棚倉駅が開通します。
このとき白棚線の乗客が、水郡線に流れたのでした。

1934(昭和9)年、未開通の川東駅~磐城棚倉駅が開通し、晴れて「水郡線」と名乗ります。
その後、上野行きの急行列車が走ったりもしたのですが、今は地元の大事な路線として親しまれています。

Img_3097

<白河今昔写真帖より昭和30年の磐城塙駅、準急のスカイライン号と久慈川号が走っていました。(1966年より急行列車に昇格)>

地図では一本の路線ですが、その歴史は紆余曲折を経ているのです。

次回は、現在の乗り換え案内をお伝えします。

---

水郡線紀行(福島県石川町)
http://www.town.ishikawa.fukushima.jp/suigunsen/menu.html

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 冬の一夜を彩る光のページェント ~ アイスキャンドル2010のお知らせ | トップページ | 東白川郡からの乗り換え案内 ~ 水郡線(2) »

交通」カテゴリの記事

塙町」カテゴリの記事

東白川郡」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

矢祭町」カテゴリの記事

コメント

水郡線の歴史を調べていたらこのページに。もうちょっと読もうっと。

投稿: うふふ | 2014年7月13日 (日) 11時21分

こんにちは。コメントありがとうございます。
県南地域の水郡線関連は数多く掲載しておりますので、どうぞこちらと合わせてご覧ください。(す)

投稿: ラクラスしらかわ | 2014年7月15日 (火) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/32853886

この記事へのトラックバック一覧です: 紆余曲折の路線史 ~ 水郡線(1):

« 冬の一夜を彩る光のページェント ~ アイスキャンドル2010のお知らせ | トップページ | 東白川郡からの乗り換え案内 ~ 水郡線(2) »