« 白河ラーメン販売 「白河甲子高原観光キャンペーンin八重洲」 | トップページ | 本当に「ここからみちのく」 ~ 東北本線(2) »

東日本の大幹線 ~ 東北本線(1)

今でこそ盛岡駅~八戸駅間が第3セクター化したとはいえ、東日本大動脈の歴史を持つのが東北本線です。
東京~青森間で739.2kmという実に長大な路線です。

東北本線は1881(明治14)年、養蚕で栄えた群馬県と横浜とを結ぶ鉄道が起こりといわれています。
当時の明治政府は、東北・北海道開発のため必要資材の輸送路が必要と判断し、
大宮から分岐し、福島、宮城、岩手各県の都市を経て、1891(明治24)年に青森まで全通します

Photo

さて、ここ県南地方でみてみると1887(明治20)年7月16日に黒磯駅~郡山駅間が開業します。
当時の黒磯駅~郡山駅間は、豊原、白河、矢吹、そして須賀川駅だけでした。
今は新幹線も止まる新白河駅(旧磐城西郷駅)はありませんでした。
白棚線でも書きましたが、1887年時点ではここより東側を東北本線が走っていたのです。

あんまり濃いと読み手も書き手(!)も大変ですから、次回は各駅の様子をお届けします。

---

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 白河ラーメン販売 「白河甲子高原観光キャンペーンin八重洲」 | トップページ | 本当に「ここからみちのく」 ~ 東北本線(2) »

交通」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

泉崎村」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

矢吹町」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

西郷村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/33119261

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本の大幹線 ~ 東北本線(1):

« 白河ラーメン販売 「白河甲子高原観光キャンペーンin八重洲」 | トップページ | 本当に「ここからみちのく」 ~ 東北本線(2) »