« 東日本の大幹線 ~ 東北本線(1) | トップページ | そして東北最南端のSUICAゾーンへ ~ 東北本線(3) »

本当に「ここからみちのく」 ~ 東北本線(2)

前回、東北本線の成り立ちに触れてみました。
今回は南から順に駅をたどってみましょう。

まず、本当の東北の玄関口・白坂駅。
Img_3800

上品な山荘風のたたずまいを見せます。
とはいえ、ここは無人駅。
なので、乗車駅証明書を発行しています。
こういうのは、都会にはないでしょうね。
Img_3802

Img_3807

自転車が整然と並べられていて、マナーのよさがうかがえます。
Img_3806

つづいては、一般的な東北の玄関口・新白河駅。
「一般的な」と書いたのは、新幹線を利用して東北に来られる方が多いからです。
Img_3813

かつては松尾芭蕉も新白河駅を訪れた……わけはないのですが、
東北の玄関口として駅前に銅像が建てられています。

「心もとなき日数重ねるまゝに 白河の関にかゝりて旅心定まりぬ」
まさに、ここからがみちのく、なわけです。
Img_3816

もともとは磐城西郷駅、さらに以前は磐城西郷信号場でした。
東北新幹線開業を機に、今の新白河駅となりました。

Img_3850

Img_3851

昭和34年の磐城西郷駅開業時には、今、新幹線駅であることが想像できませんね。

駅は西郷村にありながら、実は白河市にもこっそり入っているという微妙な位置加減。
全国で唯一、村に新幹線が停まる駅としても有名です。
Photo_2

最近では首都圏への通勤圏内にもなっていて、利用される方は多いんですよ。
見てください。だるまさんもにっこり微笑んでいます。
Img_3820

Img_3821
にこっヽ(´▽`)ノ

ちょっと足を伸ばすと、ラクラスしらかわの最寄り駅、白河駅にやってきました。
付近には小峰城えきかふぇふくしま就職応援センターといろいろな施設があります。
ここまで来たのならぜひ、ラクラスしらかわにもお立ち寄りください。
Img_3833

Img_3829

白河駅にはかつては白河機関庫もあり、蒸気機関車18両を収容する半円形車庫がありました。
また白河で馬市があったことから、馬を輸送する貨物駅としても機能していました。

Img_3847

Img_3848

往時は、まさにターミナル駅といった風情です。

駅舎は大正時代からそのままの姿で残っています。
Img_3834

あと3駅続きますが、続きは次回にて。

---

参考:
保存版 白河今昔写真帖(監修 藤田正雄/発行 郷土出版社)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 東日本の大幹線 ~ 東北本線(1) | トップページ | そして東北最南端のSUICAゾーンへ ~ 東北本線(3) »

交通」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

西郷村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/33120235

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に「ここからみちのく」 ~ 東北本線(2):

« 東日本の大幹線 ~ 東北本線(1) | トップページ | そして東北最南端のSUICAゾーンへ ~ 東北本線(3) »