« 堀川ダム散策(西郷村) | トップページ | ふくしまの水30選にも選ばれた名滝 ~ 江竜田の滝(鮫川村) »

激動の241年を生きた城 ~ 棚倉城址(棚倉町)

今でこそ「亀ケ城公園」と親しまれ、春はソメイヨシノ、秋は紅葉で私たちの目を楽しませてくれる棚倉城址。
その歴史を調べてみると、激動の時代を駆け抜けたことがわかります。

Img_1824

ときは戦国時代、天下統一前夜。
棚倉地方は陸前(今の宮城県)の伊達氏、白川の結城氏、常陸(今の茨城県)の佐竹氏などの攻防が続いており、結局、佐竹氏が支配することになりました。
しかし徳川氏の天下統一で佐竹氏は出羽国秋田藩(今の秋田県)へと移され、代わりに北九州の立花宗茂氏が初代陸奥棚倉藩主となります。

Img_1830

その後、棚倉藩に5万石で入封した丹羽長重氏は、江戸幕府の命令を受け棚倉城を築城(1625年)。1627年に完成します。
丹羽氏は後に白河藩へ移封され、以後、内藤、太田、松平、小笠原、井上の各氏が城主となり、1866年阿部正静氏が第16代城主となります。

Img_1831

しかし奥羽越列藩同盟に棚倉藩が加盟したため、1868年、戊辰戦争で板垣退助率いる官軍800名の攻撃を受け落城します。

Img_1837

あらためてみると、今でも本丸のお堀や土塁が残り口の形状などの保存状態が比較的良い城跡です。
今ではきれいに整備され、町民の憩いの場所として静かにその歴史を刻み続けています。

Img_1846

---
お問い合わせ先

棚倉城跡(亀ケ城公園)
〒963-6131 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡
(無料駐車場:約100台、大型バス駐車可)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 堀川ダム散策(西郷村) | トップページ | ふくしまの水30選にも選ばれた名滝 ~ 江竜田の滝(鮫川村) »

東白川郡」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/31922416

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の241年を生きた城 ~ 棚倉城址(棚倉町):

« 堀川ダム散策(西郷村) | トップページ | ふくしまの水30選にも選ばれた名滝 ~ 江竜田の滝(鮫川村) »