« 白河提灯祭り体験記・2日目 | トップページ | 白河提灯祭り体験記・後記 »

白河提灯祭り体験記・千秋楽

いよいよ千秋楽!
中町は18時に向寺を出発し、威勢よく鹿島神社に向かいます。
とはいえ、2日目より観光客は少ない感じ。
心なしか神輿を振り回す回数も少ないように感じます。慣れただけかもしれませんが。

そして河渡り。
これも慣れました。もう水の冷たさなんてへっちゃらです。

なんやかんやで20時30分、鹿島神社に到着です。
ところがこれで終わるわけではありません。
全23町がそろい踏みして最後に手打ちしないと締まりません。
最後の町が到着するまでしばし待つことに。

が、寒い!
9月とはいえ、夜は寒い。しかも標高360m。
こちらはさらしに半纏(はんてん)という軽装ですから、ガクガク震えが止まりません。

寒さに耐えながら、手打ちしたのは22時30分過ぎ。
初日も2日目も帰途についていた時間なので、なかなか終わらないなぁという印象です。

鹿島神社から出る順番待ちで、さらに待つことに。
ようやっと神輿をかつぎ始めたのは、23時過ぎです。
祭り最終日なので本来のルートを少しはなれ、途中のコンビニに停車してあった町内のトラックまで神輿をかつぎます。

やっと終わったと思ったのも束の間、神輿は壮者会所でなく、なぜかマイタウンしらかわ前に置いてあります。
なんとなくまだあるような予感がしますが、寒くてそれどころではありません。
そして案の定、ここから本当のエキストラモードに突入するわけです。

4_dscn0876

23時30分過ぎ。また威勢の良い掛け声が町内に響きます。
かつぎながら壮者会所と元方を訪ね、帰還報告です。
ところがさらに西へと進んで、河島歯科医院のまえのシケインで折り返します。
半ば終わったと思っているだけに、神輿の重さで心が折れそうになりました。

後で、市内の地図を見てわかりました。
シケインまでが中町の町域なのです。
つまり町内全域に帰還報告をしているという意味なのでしょう。

最後は壮者会所前の交差点で、恒例の神輿振り回し。
終わってみれば、日付は変わり24時30分。
これで千秋楽を無事終えたのでした。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 白河提灯祭り体験記・2日目 | トップページ | 白河提灯祭り体験記・後記 »

白河市」カテゴリの記事

祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/31516672

この記事へのトラックバック一覧です: 白河提灯祭り体験記・千秋楽:

« 白河提灯祭り体験記・2日目 | トップページ | 白河提灯祭り体験記・後記 »