« 細倉直売所 | トップページ | エコ!にしごう »

「天地人」幻の白河決戦

昨日のNHK大河ドラマ「天地人」はご覧になりましたか?いわゆる「直江状」を徳川家康に送るという、クライマックスと言ってもいい場面に、ここ「白河」が登場しました!

家康を白河の「革籠原」の湿地帯(現在の南湖が元の湿地帯と言われています)におびき出し、そこを叩いてしまおう、という作戦でしたね。結局石田光成の挙兵により、家康がこの地に来ることは無く「幻の白河決戦」となったわけです。

その準備として直江兼続が作ったと言われているのが「革籠原の防塁」跡です。(現在の地名は「皮籠」)

Dscn0023_3 

Dscn0031_2

光成が挙兵しなければ白河での歴史、日本の歴史も大きく変わっていたのでしょうか。
どちらにしても、兼続がこの地でどう作戦を立てたのか、また、兼続の目に当時の白河はどう映ったのか、興味は尽きません。

大河ドラマ 天地人~幻の白河決戦~ 革籠原

地図

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 細倉直売所 | トップページ | エコ!にしごう »

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 細倉直売所 | トップページ | エコ!にしごう »