小さな南湖~小南湖白河藩大名家墓所(白河市)

白河市の南湖といえば日本最古の公園として有名ですね。
白河市にはもうひとつ南湖があることは皆様ご存知でしょうか。

このもうひとつの南湖は「小南湖」と呼ばれています。

Dscn5382

また、ここには市指定史跡「白河藩大名家墓所」、市指定重要文化財「丹波長重廟」もあります。

Dscn5342_3

まずは手前にあった「松平清照墓」へと行ってみたいと思います。

Dscn5356

山道を上がって行くとすぐに辿り着くことが出来ました。

Dscn5361

Dscn5360_2

ここから見える小南湖の景色も素敵でしたよ。

Dscn5362

次は奥の「丹羽長重墓」に向かってみました。

Dscn5370

足元がぬかるんでいた為ここからの撮影になってしまいましたが、奥に見えるのが「丹羽長重墓」「丹羽長重廟」です。
木々の間から光が差し、とても静かな空間でした。

Dscn5373

本当に小さな南湖公園のような場所でした。
暖かくなってきたので、ぜひお散歩にお出かけしてみてください。

Dscn5380


<小南湖公園>
白河市円明寺61




文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつくしま百名山に春を探しにきませんか?~第15回 関山山開きのお知らせ~(白河市)

今年も『うつくしま百名山』の中でもっとも早いとされる山開きが、白河市にある“関山”で3月26日(日)に開催されます。

Photo

今年は、出発前のお楽しみイベントに、タレントのなすびさんがいらっしゃいます!
なすびさんは、昨年、故郷・福島県の復活と再生を祈願して挑戦したエベレストを見事登頂されました。
山開きだけでなく、福島県のイベントにひっぱりだこの人気者です。

この山開きでは欠かせない、ほほえみシンガーソングライター・Laughさんのライブも見逃せませんね♪

山頂でのお楽しみイベントでは、限定500個の護摩祈祷焼印記念守札のプレゼントや豚汁の振る舞いがあります。

標高619mの関山は、登山初心者でも登ることができます。
登山シーズンのスタートにもちょうどよさそうですよ(*^_^*)

山の春を見つけに、関山山開きへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


<第15回関山山開き~うつくしま百名山で一番早い山開き!~>

 開催日 3月26日(日)
 受付 8:00~  式典は9:00~
 受付場所 関辺市民体育館(関辺小学校隣り)
 参加費 無料

  出発前のお楽しみイベント ゲスト出演時間
   8:00~ ほほえみシンガーソングライター・Laughさん
   8:40~ なすびさん

  山頂でのお楽しみイベント
   護摩祈祷焼印記念守札プレゼント(限定500個)
   豚汁の振る舞い 11:00~

 主催 関山山開き実行委員会

 お問い合わせ
  (公財)白河観光物産協会 TEL0248-22-1147
    当日は関辺市民体育館 TEL0248-23-5706
 
  白河観光物産協会のWEBサイトから詳しい情報が確認できます。
   ⇒第15回関山山開き

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年度 第2回「世話やき隊」養成講座開催されました。~中島村~

去る3月18日(土)、中島村生涯学習センター輝ら里にて第2回「世話やき隊」養成講座が開催されました。

第1回目の様子はこちらから



講師には、野出島地域活性化プロジェクト 会長 本宮直氏 ・ 梨本あぶらや 代表 梨本清太氏を迎えて行いました。
 本宮会長からは、野出島地域活性化プロジェクトの概要・活用地域資源・農地(遊休農地)を活用した地域活性化などのお話しをいただきました。
 また、梨本氏からは映像を交えて現在の野出島地域活性化プロジェクトの活動状況が報告されました。

Dscn2905_2


本宮会長からは、なたね油とのでじまうどんが白河市のブランド商品に認定され野出島の特産品として販売力が向上されたとのお話しもいただきました。

Dscn2920

梨本氏からは、ご自身の移住のお話しや現在の活動状況についてお話しがありました。

Dscn2923



野出島地域活性化プロジェクトの活動を通して、小学校からの望める景観が春は菜の花、夏は麦秋といわれる小麦色、秋はそばの花と季節毎に楽しむことができ、小学生の散策に活用されていることや、観光資源がない野出島地域に各イベントを主にグリーン・ツーリズム体験ツアー等で年間約1000人の交流人口が訪れるようになったこと等のお話しがありました。地域の力って素敵ですね。


Dscn2919


Dscn2939


引き続き、机上の養成講座から現地視察へと移りました。
現地視察は、梨本あぶらや 梨本清太氏が講師を務めました。   


Dscn2966


梨本あぶらや 見学の際は質問が多く受講者のみなさんの関心度がうかがわれました。
 


Dscn2971



梨本氏のハウスも見学させていただきました。
アスパラガス から春の息吹を感じることができました。


Dscn2978


梨本氏の移住のきっかけともなった、現在白河市東と神奈川県大和市で二地域居住をされている渡辺さんが東に滞在しているとの情報を梨本氏からいただき、ご厚意でお会いする事が出来、お話しを聞く事もできました。
なんと、渡辺さんの手作りピザ釜はとても愛着のある釜で
出来上がりの美味しさが想像できますね。
みなさん、ピザ釜に興味深々でした。


Dscn2986


Dscn2995


今回の第2回「世話やき隊」養成講座を通して、移住のきっかけや受け入れ地域の大切さや地域の力をしみじみと考える事ができました。
中島村の世話やき隊のみなさんをきっかけにして一人でも多くの方に足を運んで貰えるといいですね。






文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

「狛犬は芸術だツアー」が開催されました~桜プロジェクト(白河市)

去る3月18日(土)、「狛犬は芸術だツアー」が開催されました。

P3181143

福島県県南地区の狛犬文化は、信州・高遠藩(現在の長野県伊那市高遠町)を脱藩し、福島に移り住んだ石工・小松利平、その弟子、浅川町の小松寅吉、さらにその弟子である石川町の小林和平という3人の石工の物語がベースになっています。

この3人の石工を中心に、県南~県中地区には「狛犬」という概念を打ち破った狛犬が多く点在しています。今回開催されたのは、彼らの手から生み出された、まさに芸術作品と呼ぶにふさわしい狛犬を訪ねて回るツアーです。

ツアーの案内人として、郷土史家であり地元狛犬研究家である吉田利昭さんが同行しました。さらに、石工3人のルーツである長野県からの参加者もいらっしゃるという、狛犬好きにとって非常にスペシャリティな1日となりました。



★白河市の新地羽黒神社・小松寅吉の石柵

P3181159

吉田さんのお話によると、小松寅吉がこの石柵を作った理由は判明していますが、
なぜこういうデザインにしたのかは分かっていないそうです。

P3181197

P3181200

★中島村の川田神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181209

P3181217

★棚倉町の魅力満点物語「山ぼうし」で特別メニューの昼食

P3181231

★棚倉町の八槻都々古別神社・小松寅吉の狛犬

P3181255

P3181257

★鮫川村の熊野神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181282

P3181275

★鮫川村の熊野神社・野田業平の狛犬

P3181294

P3181300

P3181299

★古殿町の古殿八幡神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181310

P3181309

★石川町の石都々古和気神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181338

P3181348

P3181343

★白河市の鹿嶋神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181370

P3181387

★鹿嶋神社の隣の神宮寺で、お抹茶をいただいてほっとひといき。

P3181404

P3181399

★サプライズのおみやげ

サプライズのおみやげとして、白河市のだるま米と、
ツアー開催記念・特製狛犬しおりが渡されました。

P3211430

福島県の魅力的な狛犬を、これでもかというほど満喫できる
素敵なツアーでした。

密かなブームになりつつある「狛犬」は、
保護しなければ朽ちてしまう貴重な観光資源でもあります。
みなさんも機会がありましたら、ぜひ、
県南地域の魅力的な狛犬を見に来てくださいね。


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中古墳群へ行ってきました(矢吹町)

先日、矢吹町指定文化財史跡である「谷中古墳群」に足を運んでみました。

Dscn5326_2

Dscn5324_2

谷中古墳群は前方後円墳と推測され、古墳時代後期(6世紀末)頃に作られたとされています。

Dscn5338_2

広大な田園風景の中にひっそりと存在しています。

Dscn5333
●谷中古墳群から見える矢吹町の風景

近くには「鬼穴古墳群」「久当山横穴古墳群」、2011年9月の台風で折れてしまった「谷中の大榎」跡もあります。
併せて過去記事等もご覧ください。

鬼穴古墳群
久当山横穴古墳群
谷中の大榎

Dscn5328_4

阿武隈川の氾濫原であることから、古墳の封土(墳墓の盛土)が流出し、石室が露呈しています。
発掘当時、鉄鏃(てつぞく)や耳飾、埴輪の欠片などが見つかったそうですよ。

Dscn5336

Dscn5337

矢吹町に限らず、県南地域には文化財が多く存在しています。
歴史巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。


<谷中古墳群>
矢吹町谷中

文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鮫川村の狛犬たち~鮫川村