矢吹町への移住を考えているご夫婦の皆さんへ~若者定住支援助成事業(矢吹町)

矢吹町では、町内に定住する意思がある平均年齢40歳以下の夫婦を対象とした支援制度「若者定住支援助成事業」を行なっています。

こちらは、次世代を担う若者が、町内に住まいを持ち定住することで、活気あふれるまちづくりの実現を目的として実施しているものです。

この事業では以下の条件を満たす方に、助成金を交付しています。

◆対象となる方

 次の要件を満たしている世帯であることが条件です。

 ・矢吹町に10年以上定住する意思があり、町内に住居を取得した夫婦

 ・助成金交付の最初に申請をしたとき、平均年齢40歳以下の夫婦

 ・夫婦どちらかが就職している世帯

 ※町に納入すべき税、使用料など、
   町に対する債務を滞納している世帯は、対象となりません。
  住宅を取得して1年以内の方のみ申請できます。

◆対象となる住居

 次の要件を満たしている住居であることが条件です。

 ・床面積が50m2を越え、玄関、トイレ、洗面所、台所、
  居室及び浴室を備えた一戸建ての住宅

 ・親子等の親族が共有で取得した場合、申請者の持分が2分の1であること。

 ※移築および増築は交付の対象となりません。
  また、住宅を取得して1年以内の方のみ申請を受付ます。

なお、この事業は平成31年度までの制度となっておりますので、矢吹町に定住しマイホームを建てることを検討されているご夫婦の方は、この制度を利用してはいかがでしょうか?

詳細につきましては下記をご覧ください。

>若者定住支援助成事業について | 矢吹町公式ホームページ http://www.town.yabuki.fukushima.jp/page/page000588.html

 お問い合わせ・お申込み先

  矢吹町役場 都市整備課 管理係
  TEL/0248-42-2116

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県県南地域で看護師を目指す方へ~県南地域看護学校のご案内

県南地域にある看護学校(※准看護を含む)、並びに入学試験募集をご紹介いたします。

----

【白河厚生総合病院付属高等看護学院】

白河厚生総合病院付属高等看護学院は、JA福島厚生連が設置主体の看護学校です。

12月より、平成30年度一般入試試験の出願申込受付が始まります。

◆募集人員
  3年課程(全日制)  30名(推薦を含む)

◆出願資格

  (1) 次のいずれかに該当する方

    ① 高等学校を卒業した方、または平成30年3月に高等学校卒業見込みの方
    ② 文部科学大臣の定めるところにより、
       高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる方

  (2) 地域の保健・医療・福祉に貢献できる方

◆願書受付期間
 平成29年12月1日(金)~平成29年12月25日(月)

◆試験日
 平成30年1月9日(火)~1月10日(水)

◆お問い合わせ

 白河厚生総合病院付属高等看護学院

 〒961-0005
 福島県白河市豊地上弥次郎2−1
 TEL:0248-23-4081

詳細はをご覧ください。
http://www.shirakawa-kosei.jp/nurse-school/entrance-guide.html

----

【白河医師会白河准看護学院】

こちらは白河医師会付属として創立された准看護学校です。

学院には現役生以外にも主婦や社会人経験者など、幅広い年齢層の生徒が机を並べ准看護師を目指しています。

来年1月より平成30年度の一般入学試験の出願申込受付が始まります。

◆募集人員
 30名(推薦入学若干名を含む)

◆出願資格

 ・高等学校卒業(卒業見込みを含む)、又これと同等の学力を有する者
  (中学校卒業でも、本校の教育程の履修が可能と認められるものを含む)

 ・年令、男女の別を問わず、看護業務に意欲があり、向上心のある者

◆願書受付期間
 平成30年1月10日(水)~平成30年1月23日(火)

◆試験日
 平成30年2月8日(木)

◆お問い合わせ

 白河医師会 白河准看護学院
 〒961-0054 白河市北中川原313番地
 TEL:0248-23-3701 (休日:土・日曜日・祝日)

詳細はをご覧ください。
http://sma.or.jp/cms/kanngo/bosyuu

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三世代同居・近居住宅を取得する方へ(福島県)

福島県では、子育て支援策の一環として、子どもや孫を育てやすい環境の確保に寄与するため、県内に三世代以上の方が同居又は近居する住宅を取得した場合、住宅に係る不動産取得税の一部が軽減されます。

◆取得期間
  平成29年4月1日から平成32年3月31日までに取得した場合

◆取得要件
 >三世代以上の方が同居する場合
   住宅を取得した日において、取得者及び18歳未満の方を含む
   三世代以上の直系親族(※1)の方が、取得した住宅に居住すること。

 >三世代以上の方が近居する場合
   住宅を取得した日において、取得者及び18歳未満の方を含む
   三世代以上の直系親族(※1)の方が、取得した住宅及び近居する
   住宅(※2)に居住すること。

 ※1 直系親族とは、取得者、その父母、祖父母、子、孫などをいいます。
      直系親族の他、取得者の3親等内の親族の方も対象となります。

  ※2 近居する住宅とは、取得した住宅の敷地からの直線距離が
      2km以内にある住宅をいいます。

◆軽減内容
 取得した住宅に係る不動産取得税の税率が2分の1(3%→1.5%)となります。
 ※ 軽減額が30万円を超える場合は、30万円が軽減額の上限となります。

◆申請期限等
 住宅を取得した日から60日を経過する日までに、
 申請に必要な書類を福島県各地方振興局県税部に提出してください。

◆注意事項
 ・福島県内の住宅を取得した場合に限ります。
 ・取得した日において三世代を形成していることが要件となります。
 ・物置、車庫などの附属家屋に係る不動産取得税は軽減対象となりません。
 ・取得した住宅の敷地(土地)に係る不動産取得税は軽減対象となりません。
 ・三世代以上の方とそれ以外の方が共同で取得した場合は、持分により軽減されます。

詳細につきましては、福島県ホームページをご覧ください。

>三世代同居・近居住宅を取得する方へ - 福島県ホームページ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01115d/sansedai.html

 お問い合わせ等はこちら↓

  県庁税務課 直税担当
  〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16 
  電話:024-521-7068  Fax:024-521-7905

  又は各地方振興局 県税部
  なお、福島県県南地方は以下の場所です。

  県南地方振興局 県税部
  住所:〒961-0971 白河市昭和町269
  電話:0248-23-1517

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアル就業 参加者募集のお知らせ

復興庁では伴走型人材確保・育成支援モデル事業として、福島県・岩手県・宮城県に移住・定住し、復興・創生に活かす「トライアル就業」の参加者を募集しています。

201711161142360001

◆募集要項

1.対象者:下記①②③をすべて満たす方

 ①岩手県、宮城県、福島県に移住・定住を希望する方

 ②現在失業中、または就業中の方でも最長3ヶ月間の
   トライアル就業が可能で、その後双方合意の上、本採用が可能な方

 ③当事業の趣旨を十分ご理解をいただいている方
  ※2018年2月末日をもってトライアル就業は終了予定です。

2.募集定員:50名(募集)

3.雇用期間:最長3ヶ月間のトライアル就業を実施。求職者と受入企業様とで
  トライアル就業雇用契約を締結し、その後、双方合意の上、本採用となります。

4.就業場所:岩手県、宮城県、福島県の受入企業様

5.受けられるサポート:

 (1)トライアル就業期間中の給与は、受入先企業の規定により支給されます。

 (2)移住を希望される求職者は、面接やトライアル就業期間中の
   旅費交通費(※)、および宿泊費用の補助を受けられます。

 ※旅費交通費…既定の範囲内で面接や引っ越し等に伴う交通費について
            最大往復5回まで補助します。

詳細はこちらをご覧ください。https://jinzai.reconstruction.go.jp/trial/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県での住宅取得を応援します!!~来て ふくしま 住宅取得支援事業~(福島県)

県外から県内へ移住を検討されている方に移住・定住の促進、地域の活性化を図る

目的で「来て ふくしま 住宅取得支援事業」があります。
この事業は県外から県内の良質な住宅ストックの形成を図り、もって人口減少対策と
地方創生の実現に寄付するため、市町村が地域の実情や特性を踏まえて実施する
住宅取得支援事業に対し、県が補助を行います。
201711130950090001_3
201711130950220001_3
■ 対象市町村 ■
・二本松市・桑折町・天栄村・三春町・喜多方市・北塩原村・猪苗代湖・楢葉町
■ 補助対象となる方 ■
・自ら移住するために補助対象住宅を取得される方。
・県外から県内に移住し住民票を異動される方、または市町村の補助事業等において、
県外から県内に居所を移した者として認められる方。
・補助対象住宅に移住後、3年以上定住する方。
※この他に、移住する市町村が別に定めている要件に合致する必要があります。
(各市町村にお問合せください)
■ 補助対象となる住宅 ■
・建築基準法等の関係法令に適合していること
・住宅の延べ面積は誘導居住面積水準以上であること
・昭和56年以前の旧耐震基準で建築された戸建住宅を取得する場合
「福島県安全安心耐震促進事業」等による耐震診断を事業完了日までに
実施するものであること。
■ 移住される方への補助額 ■
・住宅取得経費の1/2または【市町村による補助と県の補助の合算額】の
いずれか低い額
・移住先(補助事業費の申請先)の市町村から市町村の補助金と県の補助金を
合わせた額が一括で補助されます。
※補助額は市町村の事業によって異なります。
■ 申請の手続き ■
・対象市町村(県外移住者の住宅取得に対する補助事業等を実施している市町村)に
お問合せください。
■ 事業のお問合せ先 ■
福島県土木部 建築指導課 民間建築担当
電話 024-521-7529
FAX 024-521-7955
県外からUターン・Iターンまたは移住を検討されている方、是非この機会に
この制度をご活用ください。
文責:小松 (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ふくしま企業で働く先輩たちとお話しながらランチを食べよう!~「ふくしまワーク×フードCAFE」